※ブラウザの横幅によっては画面が整理され本文が下の方に位置することがあります。

食いそうで食わない?

ボララスなどの小型熱帯魚と赤系水草、そしてエビとドワーフザリガニとラムズのコミュニティタンク(混泳水槽)のブログ記事になってます。 主に、生体の病気予防、コケ防止(藻類の抑制)、赤系水草の色を維持するという視点で無理のない管理方法を探っています。

ナチュラルフローパイプとバブルチョイス

水流を弱めつつCO2混ぜ込みもできそうなパーツだったので買ってみました。




上の動画はエーハイムのオーバーフローパイプにつなげる曝気/水流拡散パーツの比較動画として撮影しました。

従来のやり方(ディフューザー+ストレーナーで水流拡散)
エーハイムディフューザー(直径12/16直径16/22)はエアチューブから空気を吸い込み微細な泡を出しながら強水流を作るパーツです。

しかし強い水流は、場合によっては困る点もありますね。

1 水草水槽なら黒ひげのような藻類が葉につきやすい。

2 強い水流の出口にロックシュリンプが寄ってきて、沈下性の餌を食べてくれなくなる(栄養が足りなくなる)。

というわけで水流をやわらげたいと思い、ディフューザーの先にストレーナー (2211/2213/2231/2233/2232/2234用)(外部フィルタの吸い口)をつなげて拡散して弱める方法を一年ほどやっていました。

ディフューザーとストレーナーはサイズ的に直接つながらないですが、釣り糸で結んでいます。

どうしてもまっすぐ取り付けられず、斜めに水流がにげるため、水流がまだまだ強く、ロックシュリンプがよってきてしまいました。

水流の方向を変えるためフレキシブル排水口で横に向けています。


オーバーフローパイプ(直径9/12用12/16用16/22用)+フレキシブル排水口+短く切ったホース+ディフューザー+釣り糸+ストレーナー。長くなってゴテゴテ。

今回の(ナチュラルフローパイプ+バブルチョイス)
ナチュラルフローパイプ+バブルチョイス(ホース径12/16mm用)だとオーバーフロパイプから先端までそのままつながり、水流向きの調整もできました。

透明パーツはガラスではなくプラスチック系。個人的にはプラスチックの方が安心。



写真右上奥にナチュラルフローパイプが映っているのが見えるかなー。

まあとにかく目立たなくなりました。

水流がソフトになり過ぎて心配…
ナチュラルフローパイプが水流を弱める効果が高いです。

130リットルの水槽に、ポンプが60リットル用一つだけ(エーハイム エコ コンフォート 2234のモーターだけ、しかもクーラー(ゼンスイ  ZC−200 アルファの旧型を直結している)だから、止水ができそうなぐらい水流がソフトになってしまいました。

混ぜ込む気泡の量も減りました。

気泡の量:エーハイムディフューザー>>バブルチョイス

水流の強さ:エーハイムディフューザー>>バブルチョイス>>ナチュラルフローパイプ+バブルチョイス

心配なのは、あまりにソフトな水流で酸欠にならないかです。

追記:水面を揺らす水流の通り道に隔離用プラケースを浮かべて、揺れる水面が3分の1程度になってたら、夜間に酸欠(魚が鼻上げ、エビがぐったり)が起きたので、ご注意ください。

プラケースにさえぎられて水面の3分の1しか揺れていなかったです。

泡が少々舞ってるだけでは足りないこともあるんですね。水草の量がかなり多かったのも影響ありです。

水面全体に向けて水流を通さないと、曝気の効果が足りなくなりやすいようです。





拍手[0回]