※ブラウザの横幅によっては画面が整理され本文が下の方に位置することがあります。 忍者ブログ

食いそうで食わない?

98年からアクアリウムを始めました。熱帯魚と水草そしてエビとカエルとラムズのコミュニティタンク(混泳水槽)で試行錯誤した結果をブログ記事にしています。

CO2添加中止

去年春から醗酵式二酸化炭素をディフューザーで吸い込んで添加していたものを、バブルチョイスで吸い込んで添加する形にしてまだ2週間ぐらいでしたが、添加をしばらくやめることにしました。2014年2月2日追記

理由は、pHがメーターで5.4、テトラ テスト 6 in 1 試験紙でGHが検出上限16、KHが検出下限(ゼロに近い)だったのでCO2を添加し続ける必要がない気がしたためです。

まだサンゴ砂の欠片が一つ目につきます。

こんなにGHが高くてもロタラ・インディカにハイグロフィラ・ロザエネルビスって育つんだなー。

エーハイム ナチュラルフローパイプ  【フィルター 排水パイプ】アクアリウム ドリームシアター
バブルチョイス アクアリウム ドリームシアター

バブルチョイスは通常の用法で曝気につかい、ナチュラルフローパイプでななめ下へ向けて、水面は波たたせないようにします。アマゾンフロッグピット(浮き草)が動いて陽性水草への光を遮るからです。

添加をやめてから1週間後(2013年12月)に測るとpHは5.7、テトラ試験紙でGH8、KH3となりました。

10年以上pHメーターで測っていませんでしたが、先月校正しての数値です。水道水は6.4でした。
飼育水がpH7になったら藍藻が湧く予定()なのでCO2を再び添加しようと思っています(無添加の時期は藍藻も少しあった)。

添加やめてからの水草の出す気泡の量は、見た感じでは変らないです。大き目の気泡が数秒ごとにどこかから上がる感じ。

2014年1月30日、先月アマゾンフロッグピットがなぜか一斉開花して全滅したため、水面を落ち着かせる必要がなくなってしまったので、ナチュラルフローパイプを外して水面を波経たせる、6in1でpH6以下、GH8、KH6。2週間換水をさぼったせいか、アマフロが溶けたせいか硝酸塩200近くなっていたので換水。
さすがに気泡はほとんど確認でできず(点灯直後しか見ていなかったので間違い、数時間後は結構出てました)。まだ藍藻なし。ほかのコケもなし。

2月13日、排水がジャージャーうるさいのでナチュラルフローパイプをまたつける()。気泡多し。コケなし。

3月、CO2添加をやめても水草への悪い兆候なし。GH8~16 KH3

拍手[0回]